愛知 引越し

愛知県の基本情報

愛知県

【面積】約5200ku
【人口】約740万人
【主な都市】・名古屋市(県庁所在地)
・豊田市  ・一宮市  ・豊橋市
・岡崎市  ・春日井市 ・豊川市
・安城市  ・西尾市  ・小牧市
・刈谷市  ・稲沢市  ・瀬戸市
・半田市  ・東海市
【県の花】杜若:カキツバタ
【愛知といえば】名古屋城
【旧国名】三河、尾張
引越 比較ならこちらへ

東海地方への引越しはこちらのページで

静岡県
岐阜県  長野県  山梨県

愛知県への引越し

愛知県は中京地方の中心です。そして、東京・大阪に次ぐ都市は間違いなく名古屋です。
新しいものを作り出してきた歴史を見ると、それら二地域を凌駕することもあるのが愛知県です。
特に戦国期の天下人は三人とも愛知県出身です。
そして昭和の高度経済成長を引っ張った自動車産業も愛知県が中心といっていいでしょう。
トヨタ自動車とホンダは愛知県下のあまたの技術に支えられて発展してきました。
そのせいもあって名古屋の道路は、広い。さすが自動車王国。

食べ物も関東や関西とは一線を画するものがたくさんあります。
きしめん、外郎、ひつまぶし、みそカツ、味噌煮込みうどん、天むすなど
これだけでもなんとなく名古屋そのものって感じがします。

尾張名古屋は城でもつ

名古屋城は天下の名城です。
徳川御三家の筆頭尾張徳川家は八代将軍吉宗の時にうまいことやられました。
足元を救われた感じです。しかも、吉宗が御三卿を作ってしまい、その後の将軍の道も絶たれます。
尾張徳川家六代継友は吉宗よりも有力候補だったのですが、尾張藩は将軍位を争うべからずという不文律があったとかで、それでは負けてしまいます。
徳川家の家督争いと言えばそれまでですが、尾張藩は悔しい思いをしたことでしょう。
そして間もなく、傑物が登場します。
尾張藩第七代当主 徳川宗春!
この春風のようにさわやかな男は、しぶちんの吉宗とは対照的な派手な経済政策を行います。
野暮ったい将軍に対し派手な文化振興をします。地味な江戸に比べ名古屋は活気づきました。
この辺は清水義範氏の「尾張春風伝」に詳しいのですが、名古屋出身の清水氏には面白い歴史小説もたくさんあります。
豊臣氏が滅びずに名古屋で幕府を開いたら「金鯱の夢」
徳川幕府が鎖国ではなく開国政策をしていたら「開国ニッポン」
吉良上野介の側から描いた忠臣蔵「上野介の忠臣蔵」
そのほかに名古屋関連の作品も多数です。「やっとかめ探偵団」など

東海の方におすすめ引越しサイト





引越し見積りEX








ズバット引越比較





引越し見積もり



引越し価格ガイド




引越し見積もり

 

サイトマップ