引越しの一括見積もり リスト

このリストがあればあとあと便利

なんのリスト?
ダンボールの中身リストです。
この機会に、一生懸命作っておきます。
すぐに開梱するとわかっているものは、
ダンボールの外側に大雑把に書いてもOK。
ただし書籍やCDなどでしばらく使いそうにないものは、
ダンボールのまま押し入れに。
何しろ、引越し屋さんのダンボールは形が揃っている上に丈夫です。
中身の詳しいリストさえあれば、開梱せずにそのまま整理ができます。
詳しいリストを作っておけば、どの箱の何が入っているかもわかります。


リストを作って引越しおすすめサイト

☆☆☆ リストを作った上で、おすすめ引越しサイト ☆☆☆






引越し価格ガイド





引越し見積もり




ズバット引越比較





引越し見積もり





ホームズ引越し見積もり






引越しリストに関するコラム

実は絞れる生活必需品。
どうしても、生活に必要なものというのはかなり絞れます。
このおうちが終の棲家ではないと考えているあなた!
引越しの時に全く開梱しないダンボールがあってもかまいませんよ。
すぐに使わないものはダンボールに入れっぱなしでもいいでしょう。

世の中「断捨離」とか言っている人もいますが、せっかく買ったもの。
一時はよく使っていたもの。最近はあるいはしばらくは使わないかもしれないけど。
でも、そんなものでもいつか使うかもしれないし、使わなくても懐かしく思う。
そんなに軽々しく捨てろ捨てろって言わなでほしい。
だいたい、そういうあなたに私の思い出なんかわからないじゃないですか!
例えば書籍やCD、ビデオやDVD。
例えば衣装や靴、アクセサリーなど。
みんな、思い出の品物なのです。
とっておきたいですよね。捨てたくはないですよね。
でもしばらくは使いませんよね。

ダンボールに入れっぱなしで一番困るのが、どこに何が入っているのか?

つまり、そのリストさえあれば、開梱しなくてもOKです。
それも詳しめに作るのがおすすめです。
「誰それの作品」とか「なにがしのCD」とか、括らないほうがいいです。
書籍やCDのタイトルを集めたリストを作りましょう。
ブランドだけではなく、どんな服かとか、いつ買ったとか記しましょう。

いつでも取り出せるという安心感が必要ですね。

 

サイトマップ