大分 引越し

大分県の基本情報

大分県

【面積】約6300ku
【人口】約120万人
【主な都市】
・大分市(県庁所在地)
・別府市
【県の花】豊後梅:ブンゴウメ
【大分といえば】温泉
【旧国名】豊後・豊前


料金が50%割引の裏ワザ!?


九州への引越しはこちらのページで

沖縄県  鹿児島県  宮崎県
熊本県  長崎県   佐賀県  福岡県

大分への引越し

大分へ引越しをする際に気をつけなければいけないのは食文化です。
大分で一番人気のある食べ物、それは、とり天です。
断定してしまうと語弊があるかもしれませんが、とり天が上位に来ることはまちがいありません。
唐揚げでもフライドチキンでもなく、とり天です。
いわゆる鶏の天ぷらということで、鶏肉に衣をつけて揚げたものです。
これを酢醤油やポン酢あるいはてんぷらのつゆなどでいただきます。
ポン酢はこれまた大分の名物であるカボスが使われることも多いようです。
大分県民は、鶏肉といえばこのとり天しか食べないので、
大分県にはケンタッキーフライドチキンのお店がないという伝説が生まれました。
しかし現在では、ケンタッキーフライドチキンの店舗もあります。

大分県といえば温泉

大分県のもうひとつの名物。
というか、こちらのほうが有名ですが、それは温泉です。
大分県は温泉が湧き出る量が日本一だそうです。
これは結構すごいことです。
もちろん、別府と湯布院という2大拠点を中心に、温泉の県として栄えています。
別府は古くからの湯治場ですね。
街に行くといたるところから湯気が出ています。
温泉の街に来たんだなぁという感じがします。
なんとか地獄という名の名所がたくさんあります。
そして湯布院は新しい感覚の温泉の町です。
湯布院の成功によって日本の温泉のイメージは変わったと思います。
今でも博多から特別急行ゆふいんの森号が運行されています。

九州沖縄の方におすすめ引越しサイト





ホームズ引越し見積もり










引越し見積りEX









比較.com




引越し一括見積り

 

サイトマップ