滋賀 引越し

滋賀県の基本情報

滋賀県

【面積】約4000ku
【人口】約140万人
【主な都市】
・大津市(県庁所在地)
・草津市  ・長浜市
・東近江市 ・彦根市
【県の花】石楠花:シャクナゲ
【滋賀といえば】琵琶湖
【旧国名】近江

おトクで賢い引越し選び!


近畿地方への引越しはこちらのページで

兵庫県  京都府  大阪府
奈良県  和歌山県  三重県

滋賀県への引越し

滋賀県といえば琵琶湖です。
ここは安土時代に政治の中心でした。
もちろん都は京都だったのですが、織田信長が安土城を築城し天下布武を推し進めました。
なぜこの地を選んだかは明白で、そこに海があったからです。
海?
この場合海といえば琵琶湖のことです。
琵琶湖は京都に近い海なので、この地を近江の国と呼んだのですね。
それに対をなすのが今の静岡県で、遠い海なので遠江の国です。

さてその琵琶湖ですが、滋賀県地図を見ると半分ぐらいが琵琶湖に見えるような印象です。
実際の面積は
滋賀県 4017ku(琵琶湖を含む)
琵琶湖  670ku
これより琵琶湖以外のところは 3347ku
琵琶湖の面積の実に5倍です。
よく輪切りにした桃の実に例えられます。
あの大きな種があるにもかかわらず、意外と食べるところは多いものです。

琵琶湖の周り

琵琶湖岸には安土以外にも歴史的に有名な町がたくさんあります。
信長の妹、お市の方が嫁いだ浅井長政の小谷城。すなわち浅井三姉妹の出身地です。
淀殿(茶々)、常高院(お初)、崇源院(お江与)の三人で、特に崇源院は近江のお姫様なので江姫(ごうひめ)と呼ばれていました。
その浅井長政を滅ぼした秀吉が、初めて領したのが長浜です。
一部の資材を廃城にした小谷城から持ってきて築城したとのことです。
地名は今浜だったのですが、今だけでなく長く繁栄する願いを込めて長浜と改めました。
一説には、信長に気を使って一字をもらったとの説もあります。
秀吉の弟子である、石田三成も琵琶湖の近くが領地でした。
今の彦根市にあたりますが、佐和山城を拠点としています。
石高はあまり多くないけど都に近いところを領有したのです。善政で有名です。
が、関ヶ原ではこれが仇となり西国を領有していた小早川秀秋の大軍勢のために敗れました。
そのあとに入ったのが徳川四天王の一人井伊直政です。
築城は次の代ですが、彦根城を作るときに佐和山城などから資材を調達したとのことです。
因果はめぐるといいますが、その後の井伊家で最も有名なのが、幕末の大老井伊直弼ですね。
いまでは、ひこにゃんで有名です。

近畿の方におすすめ引越しサイト





ホームズ引越し見積もり










引越し価格ガイド




引越し見積もり



ズバット引越比較





引越し見積もり

 

サイトマップ